BLSとは|BLSについての要点を整理④|窒息・気道異物

Universal Choking Sign、ハイムリッヒ法
スポンサーリンク

Ⅳ、窒息・気道異物

1、窒息(呼吸停止)と気道異物

急変による呼吸停止は、ほとんどの原因が窒息であり、その原因のほとんどが気道異物による気道閉塞である。気道閉塞は重篤度により軽度と重度に分類される。軽度は不完全閉塞重度は完全閉塞を意味する。それぞれの場合の徴候と対応法は18のとおりである。

【表18】気道閉塞の分類

気道閉塞の分類

2、気道異物による窒息への対応

気道異物による窒息への対応法(窒息解除)は手技の違いにより、成人・小児に対する対応と乳児に対する対応に分けられる。窒息解除は手技の違いのため成人と小児は基本的には同じであり、乳児は異なる。このことは「-14、成人、小児、乳児の異なる指標による分類図6を再度参照してもらいたい。

また、窒息後の意識状態により、意識(反応)がある場合意識(反応)がない場合でその方法が異なる。意識(反応)がある場合の対応は成人・小児に対する方法と乳児に対する方法では大きく異なるがが、意識(反応)ない場合は全ての年齢で同じ対応となる。窒息解除への対応を19にまとめる。

意識(反応)がある場合の対応法は、前述したとおり成人・小児への対応と乳児に対する対応は異なる。まず成人・小児への窒息解除から述べる。窒息患者はUniversal Choking Sign(ユニバーサル・チョーキング・サイン:万国共通窒息サイン)(図24)を呈する。このサインをみつけると完全気道閉塞を起こした窒息と判断しなければならない。そして、ハイムリッヒ法(腹部突き上げ法)25)を行い、意識(反応)がなくなるか異物が出るまで行う。ただし、妊婦及び太った人では胸部突き上げ法を行い(26)、小さい小児に対しては救助者がひざまずいて小児の体格に合わせて行う(27)。次に、乳児の窒息解除の方法について述べる。乳児に対しては、毎秒1回の速さで、5回の背部叩打、その後5回の胸部突き上げ法を行い(28)、このサイクルを繰り返す。意識がなくなるか、異物が出るまで行なう。

意識(反応)がない場合は年齢に関係なく、循環確認なしに胸骨圧迫からCPR(胸骨圧迫→人工呼吸)を行う。そして、毎回の人工呼吸のときに口の中の異物を確認し、異物が見えれば指で取り除き、見えなければCPRを続ける。

【表19】気道異物による窒息への対応法

気道異物による窒息への対応法

【図24】Universal Choking Sign      【図25】ハイムリッヒ法
(ユニバーサル・チョーキング・サイン)    (腹部突き上げ法)

Universal Choking Sign、ハイムリッヒ法

【図26】胸部突き上げ法        【図27】小児へのハイムリッヒ法
(妊婦や太った人への対処法)

胸部突き上げ法、小児へのハイムリッヒ法

【図28】背部叩打・胸部突き上げ法

背部叩打・胸部突き上げ法

3、人工呼吸の方法(まとめ)

人工呼吸の方法は成人に対する場合と小児・乳児に対する場合で異なる。また、呼吸停止と心肺停止で、バッグマスク法(頭部後屈あご先挙上)と高度な気道確保(気管挿管など)で異なるため、それぞれの場合に分けて考えなければならない。これらをまとめたものが20である。

呼吸停止の場合は、バッグマスク法(頭部後屈あご先挙上)による気道確保でも高度な気道確保でも、成人に対しては5~6秒に1回の換気、小児・乳児に対しては、3~5秒に1回の換気となる。心肺停止の場合の人工呼吸とはCPR中に行う人工呼吸のことで、バッグマスク法(頭部後屈あご先挙上)では、成人1人法・2人法及び小児・乳児の1人法では30:2同期CPRで人工呼吸を行い、小児・乳児の2人法では15:2同期CPRでの人工呼吸を行う。高度な気道確保がなされているときは非同期CPRとなり、年齢に関係なく6秒に1回の人工呼吸である。

【表20】人工呼吸のまとめ

人工呼吸のまとめ

BLSとは|BLSについての要点を整理①|BLS総論

2016.07.15

BLSとは|BLSについての要点を整理②|成人のBLS

2016.08.01

BLSとは|BLSについての要点を整理③|小児・乳児のBLS

2016.08.05
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterのアカウントを開設しました!
福岡博多トレーニングセンターはより多くの皆様に情報発信をするためにツイッターのアカウントを開設しました。(2017年6月25日より) このHPの更新情報や、その他の興味深い医学情報をお届けする予定です。是非、皆様のフォローをお待ちしています!
スポンサーリンク

AHA公認のACLSコースを1日で提供!

福岡博多トレーニングセンターでは、通常2日間で開催するACLSコースを1日で開催しています。
2日間のコースを1日コースに変更するにあたっては、以下のような受講者の皆様からのお声が背景にありました。

◆受講者の声1:病院勤務の場合、コース参加のために連続2日間の休みを確保することは難しい(特に土日の確保は難しい)。

◆受講者の声2:受講料をもう少し安くしてほしい。

これらのお声に応えるために、コース内容を洗練し 2015年6月から1日コースを新設しました。
受講料も、新規者は25,000円、更新者は18,000円に抑えることができました。
1日コースでも、習得しなければならない内容は全て網羅しております。正規のAHA公認ACLSコースです。

AHA公認BLSコースをほぼ毎日開催!

福岡博多トレーニングセンターではAHA公認のBLSコースを福岡県博多でほぼ毎日開催し、北九州市や熊本県、長野県でも定期的に開催しています。
AHAのBLSコースはPWW(Practice While Watching)と呼ばれる最も新しい教育方法を導入しています。これは、心肺蘇生法の教育において世界で最も権威あるAHAが、30年以上にわたる研究と経験に基づいて行っている方法で、DVDを見ながら(または見た後で)、マネキン(人形)での練習を小グループで行います。
AHA公認のBLSコースを受講したBLSプロバイダーがその地域に20%以上になると、その地域の救命率が飛躍的に上がることが実証されています。
福岡博多トレーニングセンターはこの活動を通して地域の救命率の向上を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です