AHAガイドライン2015(G-2015)の重要変更点

G-2015・救命の連鎖
スポンサーリンク

AHAガイドライン(G-2015)の重要変更点

2015年10月15日に「AHAガイドライン2015(AHA・G-2015)」が発表されました。
前ガイドライン(ガイドライン2010)からの主要変更点は以下のとおりです。

主要変更点
1、救命の連鎖
2、質の高いCPR(BLS実技1)
3、BLSサーベイ(BLS実技2)
4、徐細動が先かCPRが先か(成人の傷病者の場合)
5、Hands Only CPR(胸骨圧迫のみのCPR)
6、高度な気道確保(気管挿管)をしているときの人工呼吸の速度(全年齢)
7、ACLSでのバゾプレシンの削除
8、ACLSでの目標体温管理(TTM:targeted temperature management)

AHAガイドライン2015(AHA・G-2015)の重要情報は以下でご覧になれます。

AHAガイドラインアップデート2015ハイライト日本語(変更点ハイライト)のPDFダウンロード・閲覧
AHAガイドライン2015(AHA・G-2015)の詳細(英語)

1、救命の連鎖

○G-2010
成人の救命の連鎖と小児・乳児の救命の連鎖で分類されていた。

○G-2015
成人の救命の連鎖が、更に院内心肺停止の場合と院外心肺停止の場合に分類された(下記)。

1、院内心肺停止 (IHCA)
①監視及び予防
②認識及び救急対応システムへの出動要請
③即時で質の高いCPR
④迅速な除細動
⑤ALS及び心拍再開後の治療

2、院外心肺停止(OHCA)
①認識及び救急対応システムへの出動要請
②即時で質の高いCPR
③迅速な除細動
④救急医療サービス(BLS及びALS)
⑤ALS及び心拍再開後の治療

G-2015・救命の連鎖、原本

「ガイドラインアップデート2015ハイライト、P4・図4」より抜粋

2、質の高いCPR(BLS実技1)

1)全年齢、胸骨圧迫の速さが以下のとおりに変更された。(2013年6月に既に変更済)
○G-2010:100回/分以上
○G-2015:100~120回/分

2)成人に対する胸骨圧迫の深さが以下のとおりに変更された。
(小児・乳児に対してはG-2010と同じ)
○G-2010:5cm以上
○G-2015:5cm以上6cm以下

3、BLSサーベイ(BLS実技2)

○G-2010:
意識と呼吸の確認(同時に確認)⇒通報⇒循環確認
○G-2015:
意識の確認⇒通報⇒呼吸と循環の確認
※呼吸と循環の確認は、熟練された救助者の場合は同時に行うことを推奨

4、徐細動が先かCPRが先か(成人の傷病者の場合)

○G-2010:
急変を目撃していない院外心肺停止の場合は、
除細動施行前に1.5~3分間のCPRをしてから除細動を行うことを考慮してもよい
○G-2015:
除細動が可能であれば、直ぐに除細動を行うことは妥当である。
急変を目撃していない院外心肺停止の場合でも、
除細動施行前に1.5~3分間のCPRをせずに除細動が可能になり次第
除細動を行うことは妥当である。

5、Hands Only CPR(胸骨圧迫のみのCPR)

○G-2010:
訓練を受けていない救助者は、突然倒れた傷病者(心停止先行型心肺停止)に対して
Hands Only CPRを行うべきである。小児・乳児には適応外である。
○G-2015:
訓練を受けていない救助者は、
全ての成人傷病者に対してHands Only CPRを行うべきである
小児・乳児に対しては突然倒れた傷病者(心停止先行型心肺停止)に対して
Hands Only CPRを推奨する

6、高度な気道確保(気管挿管)をしているときの人工呼吸の速度(全年齢)

○G-2010:6~8秒に1回
○G-2015:6秒に1回

7、ACLSでのバゾプレシンの削除

○G-2010:
心肺停止に対してアドレナリンの初回もしくは2回目の投与の代わりに
1回のみ40単位 IV / IO投与可能
○G-2015:
バゾプレッシンの投与は削除

8、ACLSでの目標体温管理(TTM:targeted temperature management)

○G-2010:低体温療法
心肺停止後、心拍再開(ROSC)が認められた以下の患者に対して、
意識状態が悪い場合(指示に従わないレベル)、32~34℃で12~24時間冷却すべきである。
院外でVF/VTによる心肺停止になった患者
院内発症の全ての心肺停止、及び院外のPEA/asystoleの心肺停止の場合は考慮可
○G-2015:目標体温管理
心肺停止後、心拍再開(ROSC)が認められた全ての患者に対して、
意識状態が悪い場合(指示に従わないレベル)、32~36℃から目標体温を選び
その体温に達してから少なくとも24時間維持するTTMを行うべきである。

以上が「AHAガイドライン2015(AHA・G-2015)」の重要変更点です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterのアカウントを開設しました!
福岡博多トレーニングセンターはより多くの皆様に情報発信をするためにツイッターのアカウントを開設しました。(2017年6月25日より) このHPの更新情報や、その他の興味深い医学情報をお届けする予定です。是非、皆様のフォローをお待ちしています!
スポンサーリンク

AHA公認のACLSコースを1日で提供!

福岡博多トレーニングセンターでは、通常2日間で開催するACLSコースを1日で開催しています。
2日間のコースを1日コースに変更するにあたっては、以下のような受講者の皆様からのお声が背景にありました。

◆受講者の声1:病院勤務の場合、コース参加のために連続2日間の休みを確保することは難しい(特に土日の確保は難しい)。

◆受講者の声2:受講料をもう少し安くしてほしい。

これらのお声に応えるために、コース内容を洗練し 2015年6月から1日コースを新設しました。
受講料も、新規者は25,000円、更新者は18,000円に抑えることができました。
1日コースでも、習得しなければならない内容は全て網羅しております。正規のAHA公認ACLSコースです。

AHA公認BLSコースをほぼ毎日開催!

福岡博多トレーニングセンターではAHA公認のBLSコースを福岡県博多でほぼ毎日開催し、北九州市や熊本県、長野県でも定期的に開催しています。
AHAのBLSコースはPWW(Practice While Watching)と呼ばれる最も新しい教育方法を導入しています。これは、心肺蘇生法の教育において世界で最も権威あるAHAが、30年以上にわたる研究と経験に基づいて行っている方法で、DVDを見ながら(または見た後で)、マネキン(人形)での練習を小グループで行います。
AHA公認のBLSコースを受講したBLSプロバイダーがその地域に20%以上になると、その地域の救命率が飛躍的に上がることが実証されています。
福岡博多トレーニングセンターはこの活動を通して地域の救命率の向上を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です