ACLS1日コースとACLSプレコースのご案内~AHA公認のACLSコースの資格を1日でとれる理由~

スポンサーリンク

ACLS1日コースとACLSプレコースのご案内

福岡博多トレーニングセンターでは、ACLSコースを従来の2日間コースから1日コースにリニューアルしております。

Ⅰ ACLS1日コースの新設理由

2日間のコースを1日コースに変更するにあたっては、以下のような受講者の皆様からのお声が背景にありました。

◆受講者の声1:病院勤務の場合、コース参加のために連続2日間の休みを確保することは難しい(特に土日の確保は難しい)。

◆受講者の声2:受講料をもう少し安くしてほしい。

これらのお声に応えるために、コース内容を洗練し 2015年6月から1日コースを新設しました。
受講料も、新規者は25,000円、更新者は18,000円に抑えることができました。
1日コースでも、習得しなければならない内容は全て網羅しております。正規のAHA公認ACLSコースです。

Ⅱ 1日コースで全内容を習得できる理由

救急医療に従事されている方であれば既得されている基礎知識の学習をプレコースに移行させることにより、ACLSコースを2日間から1日に凝縮することができました。

その基礎知識は次の2点です。

  1. 心電図(不整脈)の読影
  2. ACLSシナリオの全体像の基本的理解

これらの基礎知識を既得されている方は、1日コースで問題なく全内容を習得いただけます。しかし、ご自身の基礎知識に不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そのような場合は、月2回開催しておりますACLSプレコースを是非ご受講下さい。

ACLSプレコースは4時間半(8時半~13時)のコースで、コース内容はACLSシナリオの実技経験(実技練習)と基本的心電図(不整脈)の読み方です。1回だけでなく、何回でもご受講いただけます。コース資料として当トレーニングセンターが作成したオリジナル資料(「G-2015・AHA-ACLS要点整理(全24ページ)」)を配布しております。
受講料は、初回のみ1,000円(千円)、2回目以降は無料で、何度でも受講可能です。

ACLS1日コースの受講に必要な基礎知識―ACLSプレコース受講のススメー

ACLS1日コース受講するのに必要な基礎知識について、もう少し詳しく見ていきましょう。

➀ ACLS シナリオの全体像の基本的理解

ACLSコースのメインテーマは「心肺停止」、「呼吸停止」、「重症不整脈」ですが、当トレーニングセンターのACLSコースでは、臨床現場で遭遇する心肺停止・呼吸停止・重症不整脈のほとんどのパターンを8~10個のシナリオに凝集し、臨床現場に活かせる知識と技術を修得できるようにしております。

臨床現場で、心肺停止・呼吸停止・重症不整脈をある程度経験している方は、ACLSシナリオの全体像(これらの病態パターン)を把握されていると思いますが、経験が足りない、またはその懸念がある方はACLSプレコースを是非ご受講下さい。

ACLSプレコースでは、ACLSコースで提示するシナリオの半分以上を実技経験(実技練習)する
ことができます。これによりACLSシナリオの基本的な考え方やイメージを修得でき、スムーズに
ACLS1日コースを受講できるようにしております。

② 心電図(不整脈)の読影

ACLSコースで読影できなければならない波形(不整脈)は以下のとおりです。

1、心肺停止:心室細動(VF)、無脈性心室頻拍(pulseless VT)

無脈性電気活動(PEA)、心静止(asystole)

2、徐 脈: 洞性徐脈、1度房室ブロック、2度房室ブロックⅠ型

2度房室ブロックⅡ型、3度房室ブロック

3、頻 拍: 洞性頻拍、心房細動、発作性上室性頻拍、心房粗動、心室頻拍

上記波形の読み方に自信がない方は ACLSプレコースを是非ご受講下さい。ACLSプレコースでは、上記波形の読み方をアルゴリズム化し、そのアルゴリズムに従い、多くの具体的波形を読影練習形式での講義を行っております。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterのアカウントを開設しました!
福岡博多トレーニングセンターはより多くの皆様に情報発信をするためにツイッターのアカウントを開設しました。(2017年6月25日より) このHPの更新情報や、その他の興味深い医学情報をお届けする予定です。是非、皆様のフォローをお待ちしています!
スポンサーリンク

AHA公認のACLSコースを1日で提供!

福岡博多トレーニングセンターでは、通常2日間で開催するACLSコースを1日で開催しています。
2日間のコースを1日コースに変更するにあたっては、以下のような受講者の皆様からのお声が背景にありました。

◆受講者の声1:病院勤務の場合、コース参加のために連続2日間の休みを確保することは難しい(特に土日の確保は難しい)。

◆受講者の声2:受講料をもう少し安くしてほしい。

これらのお声に応えるために、コース内容を洗練し 2015年6月から1日コースを新設しました。
受講料も、新規者は25,000円、更新者は18,000円に抑えることができました。
1日コースでも、習得しなければならない内容は全て網羅しております。正規のAHA公認ACLSコースです。

AHA公認BLSコースをほぼ毎日開催!

福岡博多トレーニングセンターではAHA公認のBLSコースを福岡県博多でほぼ毎日開催し、北九州市や熊本県、長野県でも定期的に開催しています。
AHAのBLSコースはPWW(Practice While Watching)と呼ばれる最も新しい教育方法を導入しています。これは、心肺蘇生法の教育において世界で最も権威あるAHAが、30年以上にわたる研究と経験に基づいて行っている方法で、DVDを見ながら(または見た後で)、マネキン(人形)での練習を小グループで行います。
AHA公認のBLSコースを受講したBLSプロバイダーがその地域に20%以上になると、その地域の救命率が飛躍的に上がることが実証されています。
福岡博多トレーニングセンターはこの活動を通して地域の救命率の向上を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です