CATEGORY

05)ACLS

  • 2020年11月15日
  • 2020年11月15日

心拍再開(ROSC)後のアルゴリズム【AHA蘇生ガイドライン2020版】

ACLSにおけるG2020での変更点 AHA公認のガイドラインが2020年10月21日に更新されました。前回はガイドライン2020に変更したことによる、BLSの重要変更点について紹介しましたが、今回はACLSの変更点を紹介してきます。 今回の変更で心 […]

  • 2018年1月7日
  • 2020年10月21日

ACLSとは|ACLSの要点整理|Ⅵ、頻拍への臨床的対応

徐脈・頻拍に対する臨床的対応の全体像 徐脈・頻拍の診療を行う場合に重要なことは、その徐脈・頻拍が不安定な状態にあるかどうかの診断です。 不安定な状態にある徐脈を症候性徐脈(symptomatic bradycardia)、頻拍を不安定な頻拍(unst […]

  • 2018年1月4日
  • 2020年11月17日

バルサルバ手技が迷走神経刺激を起こす理由

バルサルバ手技とは 迷走神経刺激法の1つにバルサルバ手技というものがあります。バルサルバ手技とは、息ごらえなどで力ませることにより胸腔内圧を上昇させることで、最終的に迷走神経を刺激して、心拍数の低下や血圧低下をもたらす方法です。ちなみに、「バルサルバ […]

  • 2016年9月12日
  • 2020年10月28日

ACLSとは|ACLSの要点整理|Ⅴ、徐脈への臨床的対応

Ⅴ、徐脈 G-2015対応 徐脈・頻拍に対する臨床的対応の全体像 徐脈・頻拍の診療を行う場合に重要なことは、その徐脈・頻拍が不安定な状態にあるかどうかの診断です。 不安定な状態にある徐脈を症候性徐脈(symptomatic bradycardia)、 […]

  • 2016年9月12日
  • 2020年11月15日

ACLSとは|ACLSの要点整理|Ⅳ、心肺停止

Ⅳ、心肺停止 G-2020対応 心肺停止の波形 心肺停止に至った過程に関わらず、心肺停止の心電図の波形は除細動(電気的治療)の適応があるかないかで2つに大別されます。 除細動の適応がある波形は、心室細動(VF:ventricular fibrilla […]

  • 2016年9月12日
  • 2020年10月29日

ACLSとは|ACLSの要点整理|Ⅲ、電気治療

Ⅲ、電気治療 G-2015対応 1、電気治療の概念と分類 電気治療とは、除細動の適応がある心肺停止(心室細動・無脈性心室頻拍:VF / pulseless VT)や循環動態が不良な頻拍(不安定な頻拍)・徐脈(症候性徐脈)に対して行う電気を使った治療の […]

  • 2016年9月12日
  • 2020年10月13日

ACLSとは|ACLSの要点整理|Ⅱ、呼吸管理と人工呼吸

Ⅱ、呼吸管理と人工呼吸 呼吸停止・心肺停止に対する人工呼吸 呼吸停止・心肺停止の状態では、人工呼吸は、1)バッグマスク(BM)を用いて行うか、2)気管挿管(高度な気道確保)で行うかにより人工呼吸の方法が違います。その違いを【図表2-1】にまとめました […]

  • 2016年9月12日
  • 2020年10月13日

ACLSとは|ACLSの要点整理|Ⅰ、BLS評価・初期評価・2次評価

Ⅰ、BLS評価・初期評価・2次評価 【図表1-2】心肺停止・呼吸停止 における診断と対応 評価 診断 対応 意識なし、呼吸なし、循環なし 心肺停止 CPR、除細動 意識なし、呼吸なし、循環あり 呼吸停止 人工呼吸(1回/5~6秒) 【図表1-3】心肺 […]

>AHAコース受講なら - 福岡博多トレーニングセンター

AHAコース受講なら - 福岡博多トレーニングセンター

福岡(博多)・北九州・久留米・熊本・長崎などで、AHA公認のBLS・ACLS・ACLS-EP・PEARS・PALS・ハートセーバーAEDコースを開催。
博多駅筑紫口から徒歩4分・AHA公認・平日も多数コース開催・広々とした明るい会場です。

CTR IMG