AHAガイドライン2015(G-2015)の重要変更点

AHAガイドライン2020が更新されています!

2020年10月21日にAHAガイドライン2020が更新されましたので、詳細・変更点などは以下の記事を参考にしてください。

AHAガイドライン2020(G-2020)

AHAガイドライン2020 BLSの主要な変更点

なお、以下のAHAガイドライン2015の変更点に関しても、引き続きこちらでご覧になれますので、興味がある方は是非ご覧くださいね。

AHAガイドライン(G-2015)の重要変更点

2015年10月15日に「AHAガイドライン2015(AHA・G-2015)」が発表されました。
前ガイドライン(ガイドライン2010)からの主要変更点は以下のとおりです。

1、救命の連鎖
2、質の高いCPR(BLS実技1)
3、BLSサーベイ(BLS実技2)
4、徐細動が先かCPRが先か(成人の傷病者の場合)
5、Hands Only CPR(胸骨圧迫のみのCPR)
6、高度な気道確保(気管挿管)をしているときの人工呼吸の速度(全年齢)
7、ACLSでのバゾプレシンの削除
8、ACLSでの目標体温管理(TTM:targeted temperature management)

1、救命の連鎖

○G-2010
成人の救命の連鎖と小児・乳児の救命の連鎖で分類されていた。

○G-2015
成人の救命の連鎖が、更に院内心肺停止の場合と院外心肺停止の場合に分類された(下記)。

1、院内心肺停止 (IHCA)
①監視及び予防
②認識及び救急対応システムへの出動要請
③即時で質の高いCPR
④迅速な除細動
⑤ALS及び心拍再開後の治療

2、院外心肺停止(OHCA)
①認識及び救急対応システムへの出動要請
②即時で質の高いCPR
③迅速な除細動
④救急医療サービス(BLS及びALS)
⑤ALS及び心拍再開後の治療

G-2015・救命の連鎖、原本

「ガイドラインアップデート2015ハイライト、P4・図4」より抜粋

2、質の高いCPR(BLS実技1)

1)全年齢、胸骨圧迫の速さが以下のとおりに変更された。(2013年6月に既に変更済)
○G-2010:100回/分以上
○G-2015:100~120回/分

2)成人に対する胸骨圧迫の深さが以下のとおりに変更された。
(小児・乳児に対してはG-2010と同じ)
○G-2010:5cm以上
○G-2015:5cm以上6cm以下

3、BLSサーベイ(BLS実技2)

○G-2010:
意識と呼吸の確認(同時に確認)⇒通報⇒循環確認
○G-2015:
意識の確認⇒通報⇒呼吸と循環の確認
※呼吸と循環の確認は、熟練された救助者の場合は同時に行うことを推奨

4、徐細動が先かCPRが先か(成人の傷病者の場合)

○G-2010:
急変を目撃していない院外心肺停止の場合は、
除細動施行前に1.5~3分間のCPRをしてから除細動を行うことを考慮してもよい
○G-2015:
除細動が可能であれば、直ぐに除細動を行うことは妥当である。
急変を目撃していない院外心肺停止の場合でも、
除細動施行前に1.5~3分間のCPRをせずに除細動が可能になり次第
除細動を行うことは妥当である。

5、Hands Only CPR(胸骨圧迫のみのCPR)

○G-2010:
訓練を受けていない救助者は、突然倒れた傷病者(心停止先行型心肺停止)に対して
Hands Only CPRを行うべきである。小児・乳児には適応外である。
○G-2015:
訓練を受けていない救助者は、
全ての成人傷病者に対してHands Only CPRを行うべきである
小児・乳児に対しては突然倒れた傷病者(心停止先行型心肺停止)に対して
Hands Only CPRを推奨する

6、高度な気道確保(気管挿管)をしているときの人工呼吸の速度(全年齢)

○G-2010:6~8秒に1回
○G-2015:6秒に1回

7、ACLSでのバゾプレシンの削除

○G-2010:
心肺停止に対してアドレナリンの初回もしくは2回目の投与の代わりに
1回のみ40単位 IV / IO投与可能
○G-2015:
バゾプレッシンの投与は削除
[kanren postid=”2748″]

8、ACLSでの目標体温管理(TTM:targeted temperature management)

○G-2010:低体温療法
心肺停止後、心拍再開(ROSC)が認められた以下の患者に対して、
意識状態が悪い場合(指示に従わないレベル)、32~34℃で12~24時間冷却すべきである。
院外でVF/VTによる心肺停止になった患者
院内発症の全ての心肺停止、及び院外のPEA/asystoleの心肺停止の場合は考慮可
○G-2015:目標体温管理
心肺停止後、心拍再開(ROSC)が認められた全ての患者に対して、
意識状態が悪い場合(指示に従わないレベル)、32~36℃から目標体温を選び
その体温に達してから少なくとも24時間維持するTTMを行うべきである。
[kanren postid=”2748″]

以上が「AHAガイドライン2015(AHA・G-2015)」の重要変更点です。

AHAコース受講なら – 福岡博多トレーニングセンター

福岡(博多)・北九州・久留米・熊本・長崎などで、AHA公認のBLS・ACLS・ACLS-EP・PEARS・PALS・ハートセーバーAEDコースを開催。
博多駅筑紫口から徒歩4分・AHA公認・平日も多数コース開催・広々とした明るい会場です。

最新情報をチェックしよう!
>AHAコース受講なら - 福岡博多トレーニングセンター

AHAコース受講なら - 福岡博多トレーニングセンター

福岡(博多)・北九州・久留米・熊本・長崎などで、AHA公認のBLS・ACLS・ACLS-EP・PEARS・PALS・ハートセーバーAEDコースを開催。
博多駅筑紫口から徒歩4分・AHA公認・平日も多数コース開催・広々とした明るい会場です。

CTR IMG