ACLSとは|ACLSについての要点を整理|Ⅱ、呼吸管理と人工呼吸

ScreenClip
スポンサーリンク

Ⅱ、呼吸管理と人工呼吸

【図表2-1】心肺停止・呼吸停止のときの人工呼吸方法

  呼吸停止 心肺停止
 対応方法   補助呼吸    心肺蘇生(CPR)

 バッグマスク換気

(頭部後屈あご先挙上)

 5~6秒に1回  30:2、同期CPR

人工呼吸は10秒以内に2回

 高度な気道確保

 (気管挿管)

5~6秒に1回

 非同期CPR

 人工呼吸は6秒に1回

※呼吸停止の場合は2分毎に循環確認が必要

 

【図表2-2】酸素投与の方法

ScreenClip

【図表2-3】酸素流量と酸素濃度の関係

ScreenClip

 

【図表2-4】カプノグラフィーの使用

 Ⅰ、カプノグラフィーの使用法

気管挿管後にカプノグラフィーを装着して

呼気終末二酸化炭素分圧(PET・CO2)を測定する

 Ⅱ、カプノグラフィー推奨の意義

1、気管挿管チューブの位置の確認

気管挿管されているかどうかの確認 → 5点聴診よりも確実

2、CPRの質のモニタリング

PET・CO2が10mmHg以下では質の高いCPRはなされていない。

3、心拍再開(ROSC)の検出

1)PET・CO2が10mmHg以下ではROSCはない

2)PET・CO2が40mmHgを超えるとROSCが認識

 

ScreenClip
このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterのアカウントを開設しました!
福岡博多トレーニングセンターはより多くの皆様に情報発信をするためにツイッターのアカウントを開設しました。(2017年6月25日より) このHPの更新情報や、その他の興味深い医学情報をお届けする予定です。是非、皆様のフォローをお待ちしています!
スポンサーリンク

AHA公認のACLSコースを1日で提供!

福岡博多トレーニングセンターでは、通常2日間で開催するACLSコースを1日で開催しています。
2日間のコースを1日コースに変更するにあたっては、以下のような受講者の皆様からのお声が背景にありました。

◆受講者の声1:病院勤務の場合、コース参加のために連続2日間の休みを確保することは難しい(特に土日の確保は難しい)。

◆受講者の声2:受講料をもう少し安くしてほしい。

これらのお声に応えるために、コース内容を洗練し 2015年6月から1日コースを新設しました。
受講料も、新規者は25,000円、更新者は18,000円に抑えることができました。
1日コースでも、習得しなければならない内容は全て網羅しております。正規のAHA公認ACLSコースです。

AHA公認BLSコースをほぼ毎日開催!

福岡博多トレーニングセンターではAHA公認のBLSコースを福岡県博多でほぼ毎日開催し、北九州市や熊本県、長野県でも定期的に開催しています。
AHAのBLSコースはPWW(Practice While Watching)と呼ばれる最も新しい教育方法を導入しています。これは、心肺蘇生法の教育において世界で最も権威あるAHAが、30年以上にわたる研究と経験に基づいて行っている方法で、DVDを見ながら(または見た後で)、マネキン(人形)での練習を小グループで行います。
AHA公認のBLSコースを受講したBLSプロバイダーがその地域に20%以上になると、その地域の救命率が飛躍的に上がることが実証されています。
福岡博多トレーニングセンターはこの活動を通して地域の救命率の向上を目指しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です